TOPへ

お役立ち情報

【電子カルテの操作についていけない】3つの原因と今からできる対処法!

お役立ち情報  / 電子カルテ

医療現場において、電子カルテの操作は避けて通れない問題の一つです。

電子カルテは日々の診療で欠かせないツールであるからこそ、操作に戸惑いや問題が生じると、医療従事者の業務に大きな支障をきたします。

また、電子カルテの効率的な運用は、診療の質を向上させるためにも非常に重要です。

そこで今回は、電子カルテの操作に悩む医療従事者の方々に向けて、フラストレーションを感じる原因と今すぐに実践できる解決策を詳しく解説します。

電子カルテは医療現場の効率化に欠かせないシステムですが、その利便性を最大限に活かすためには、適切な知識と技術が必要です。ご自身で解決が難しい場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください。

ポップ・クリエイションは、皆さまがより快適に、そして効率的に業務を行えるようサポートいたします。

>>電子カルテに関する無料オンライン相談はこちらから

電子カルテの操作についていけない人は多い?

実は、電子カルテの操作で苦労している医療関係者は少なくありません。

特に、これまで紙のカルテを長く使用してきた方々にとって、新しいシステムへの移行は抵抗を感じることがあります。

こういう時に「もう電子カルテについていけない」と強く感じてしまいます。

これには、新しい技術や操作方法を身につけることが困難であることに加え、紙のカルテに対する慣れや信頼感も影響しています。

多忙な中で新しい操作方法を覚えることは簡単ではなく、ストレスの原因にもなり得ます。

しかし、患者さまへの迅速かつ正確な対応を行うためには、電子カルテの適切な利用が欠かせません。

困難を感じている方は、同じ環境で働く仲間と情報を共有したり、少しずつでも練習する時間を設けたりすることが大切です。

また、サポート体制が整った職場では、操作方法の研修やマニュアルが大いに役立つでしょう。

電子カルテの操作についていけない3つの原因

電子カルテをスムーズに操作できない主な原因は、主に3つあります。

電子カルテをスムーズに操作できない3つの理由

1. 古いシステム

2. 機能の制限

3. 無料版の試用

これらを改善することで使い勝手は大きく向上します。

そもそも古いシステムを使っている

古い電子カルテシステムは、最新の技術や使いやすさを考慮して作られていないことが多々あります。

このような古いシステムはユーザーが直観的に操作できるような視覚的な要素や機能がなかったり、必要な機能が搭載されていなかったりするため、操作性に問題を抱えています。

また、古いシステムだとセキュリティが弱い場合もあるため、患者のプライバシー保護のリスクも考慮しなければなりません。

現代のニーズに応えるためには、最新のシステムにアップグレードすることが重要です。

機能制限がある

電子カルテシステムにおいて機能制限があると、ユーザーが必要とする作業が行えないことがあります。

例えば、複数の入力フィールドが必要な診療記録を一度に処理できない、入力画面のカスタマイズが不可、連携する医療機器への非対応などが挙げられます。

これらの不便さは、日常業務に大きなストレスとなり、作業の非効率化を招きます。

システムにおいては、ユーザーが実際の業務に必要とする機能が包括的に提供されていることが求められます。

無料版を使っている

多くの電子カルテシステムでは、基本的な機能のみを提供する無料版と、さまざまな追加機能が含まれる有料版が存在します。

無料版は初期費用が不要というメリットがありますが、その分、利用できる機能が制限されています。

継続的に使用していく中でちょっとした作業が複雑になったり、使い勝手が悪かったりして、効率が落ちます。

要求される業務を遂行する上で適切な機能を備えたシステムを選ぶことで、作業効率やユーザビリティの向上が期待できます。

電子カルテについていけない場合の対処法

電子カルテの操作に戸惑っている方に向けて、解決策をいくつかご紹介します。

段階的に導入する

電子カルテシステムを効果的に導入するためには、段階的に進めることが大切です。

いきなりすべての機能を使いこなそうとすると混乱してしまい、抵抗感が生まれることがあります。

まずは患者情報の入力や閲覧などの基本操作から始め、少しずつ処方箋の作成や診療記録の管理などに慣れていくと良いでしょう。

これにより、スタッフは自然に操作に慣れ、電子カルテの利点を理解していきます。

特に電子カルテを導入したばかりの医療機関では、無理せず段階を踏むことでスムーズな運用が実現します。

職場の同僚と情報共有を行う

電子カルテの操作においては、同僚と情報を共有することも非常に有効な対処法です。

同じ職場で働く医療従事者同士で操作方法やトラブルシューティングについて話し合うことで、個々の知識や経験を活かした問題解決が可能になります。

例えば、操作に慣れている同僚から直接教わることで、マニュアルやサポートでは得られない実践的なコツを学ぶことができます。

また、定期的なミーティングを設定して、電子カルテの使用に関するフィードバックや提案を共有することもおすすめです。

これにより、システムの利用状況や改善点を職場全体で共有し、より効率的な運用方法を模索することができます。

情報の共有とコミュニケーションを活発に行うことで、電子カルテの操作に対する不安や戸惑いを軽減し、業務全体の効率向上を図ることが可能になります。

メーカーのサポートを活用する

電子カルテをスムーズに取り入れるためには、メーカーのサポートを積極的に活用することも重要です。

多くのメーカーはインストール後のフォローアップやトレーニングを提供しており、疑問や問題が発生したときに迅速に対応してくれます。

例えば、システムの設定に関する質問や、操作方法がわからないときなど、サポートを利用することで問題解決が早まります。

サポートを頼ることで、操作方法の習得だけでなく、トラブルが発生したときの安心感も得られます。

自分たちで解決できない問題が出た際には、遠慮せずにサポートを利用することで、効率的にシステムを扱えるようになります。

マニュアルや資料を確認する

電子カルテの操作に慣れるためには、マニュアルや各種資料をしっかりと読むことが欠かせません。

どのシステムにも利用説明書やヘルプファイルが用意されており、基本操作から応用技まで丁寧に解説されています。

これらの資料を活用することで、効率的に操作のコツを学び、システムの機能を最大限に活用できます。

特に新機能が追加されたりアップデートが行われた際には、新しいマニュアルが配布されることもあるので、定期的なチェックが重要です。

また、資料を読む際は、実際にシステムを操作しながら進めると、より具体的に理解できます。

まとめ:電子カルテに関するご相談はポップ・クリエイションへ!

今回は、電子カルテの操作についていけない原因と今からできる対処法についてご紹介しました。

電子カルテの操作に戸惑うことは決して恥ずかしいことではなく、多くの医療従事者が同じ悩みを抱えています。

少しずつ慣れていくことで、業務の効率化と患者様へのサービス向上を実現できるでしょう。

また、電子カルテの操作に悩んでいる場合は、ぜひポップ・クリエイションまでお気軽にご相談ください。

ポップ・クリエイションでは、電子カルテ導入の選定や設定のアドバイス、効率的な使い方の研修など、幅広いサービスを提供しています。

電子カルテの導入やアドバイスに興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

>>電子カルテに関する無料オンライン相談はこちらから