医療機関や薬局様向けの電子カルテや医療事務(レセコン)システムのご提案 [ 株式会社ポップ・クリエイション ]

電子カルテの移行作業はどうする?乗り換えのタイミングや注意点について!

医療機関にとって電子カルテシステムの導入や更新は、患者情報管理の効率化やサービス向上に直結する重要なものです。

しかし、電子カルテへの移行作業には、データの正確な移行やスタッフの研修、そして患者サービスへの影響を最小限に抑えるための計画・実行が求められます。

この記事では、電子カルテ移行作業におけるポイントや注意点をご紹介します。電子カルテの導入を検討している病院やクリニック、薬局などの皆様は、ぜひ参考にしてください。

株式会社ポップ・クリエイションは、医療機関・調剤薬局・企業・事業主の皆様への良きアドバイザーとして、九州地方を対象に電子カルテ・医療事務システムの導入支援などを行っています。電子カルテの導入やデータ移行に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

>>電子カルテに関する無料オンライン相談はこちらから

電子カルテの移行作業はどうする?

近年、医療機関における電子カルテシステムの重要性が高まっています。紙での管理から電子カルテシステムに移行を検討している医院やクリニックも多いでしょう。

では、電子カルテ移行作業において抑えるべきポイントとは何でしょうか。

乗り換えのタイミングや注意点を踏まえつつ、スムーズな移行作業へとつながるヒントをご紹介します。

移行のベストタイミングとは?

電子カルテの移行や乗り換えを検討する際、最初に考えるべきはタイミングです。

システム変更には、スタッフの研修やデータ移行、ハードウェアの設置など、さまざまな準備が必要になります。そのため、年度末や診療が比較的落ち着く時期を狙って計画を立てるケースが多いです。

スタッフの負担を最小限に抑えつつ、診療の質を維持するためにも、患者さんの来院数が減少する時期の移行をおすすめします。

データ移行の際の注意点

電子カルテ移行作業の中核となるのが、データ移行です。

何年にもわたって蓄積された患者データを新しいシステムに引き継ぐ作業は、非常に繊細で慎重さが求められます。

データの整合性を保つためには、旧システムと新システムのデータ形式の互換性を確認し、必要であれば変換ツールを用いることが大切です。

また、移行後には慎重なデータチェックを行い、移行作業中のデータ漏洩や紛失がないようにセキュリティ対策も忘れてはなりません。

スタッフの研修とサポート体制の整備

システムの導入や移行は、それを使いこなすスタッフの研修が成功の鍵を握ります。

事前に計画的な研修プログラムを用意し、スムーズな運用開始に備える必要があります。

研修では、新システムの基本的な操作方法だけでなく、トラブル時の対応策もしっかりと伝えることが重要です。

さらに、移行後も継続的なフォローアップが求められるため、信頼できるサポート体制を提供するベンダー選びも大切です。

 電子カルテのデータ移行方法3ステップ

電子カルテを新システムに移行する際に一番大切なのは、データの移行をスムーズに行うことです。移行作業をスムーズに進めるためには、入念な計画・準備を行い、実行しなければいけません。

ここでは、電子カルテのデータ移行を成功させるための3つのステップについて解説します。

ステップ1:事前準備とデータバックアップ

電子カルテの移行作業を始める前に、事前準備として現行システムのデータバックアップが必要です。

まずは、移行するデータの範囲を特定し、患者情報や診療記録、処方箋データなど、必要な情報が含まれているか詳細に確認しましょう。

バックアップは、万が一のデータ損失を防ぐためにも、複数の方法で行うことが望ましいです。例えば、クラウドサービスを利用する、外部ストレージにコピーするなどの方法があります。

また、データの整合性を保つために、バックアップを取るタイミングも重要です。移行作業が始まる直前にバックアップを取り、移行後は新旧のデータを照合して確認することが必要になります。

ステップ2:移行先システムとの互換性確認

移行する際には、新旧の電子カルテシステム間の互換性を確認することが不可欠です。

新システムが古いデータ形式に対応しているか、またはデータを新しい形式に変換する必要があるかを検討します。

この段階で、システム提供元と十分なコミュニケーションを取り、技術的な支援を受けることも大切です。移行先のシステムが既存のデータをうまく取り込めるよう、フォーマットの変換ツールや移行アシスタントの利用を検討しましょう。

ステップ3:移行実施と検証作業

すべての準備が整ったら、実際にデータの移行作業を開始します。

移行は通常、診療時間外や休診日を利用して行われることが多いでしょう。

移行作業自体はメーカーに依頼して行うことが一般的ですが、医療機関側でも進捗を確認し、問題がないかを見守る必要があります

さらに、移行後は新システムでのデータの整合性と機能性を確認するための検証作業が不可欠です。すべてのデータが正しく移行されているか、新システムでの操作がスムーズに行えるかをチェックしましょう。

また、スタッフに対して新システムの研修を行い、操作方法や新機能の理解を深めさせることも重要です。

 電子カルテ乗り換えのタイミングはいつが最適?

電子カルテの移行作業は、医療機関にとって非常に重要です。移行時のタイミングを間違えると、日常の業務に支障をきたす可能性があります。

それでは、電子カルテの乗り換えに最適なタイミングについて、詳しく解説します。

患者の利便性を損なわないようにする

電子カルテの移行作業を行う際には、患者様の利便性を第一に考える必要があります。例えば、年末年始やゴールデンウィークなど、患者様の来院が少ない時期を選ぶことが良いでしょう。

また、移行期間中は一時的に業務が停滞することも想定されるため、代替の対応を計画に含めることが大切です。

運用開始前には十分なテストやスタッフの研修を実施し、スムーズな移行を目指しましょう。

システムの終了時期と連携を考える

既存の電子カルテがメーカーによるサポート終了を迎える場合や、システムが老朽化してきた場合は、乗り換えを検討する良いタイミングです。

レセプトや電子薬歴などとの連携がスムーズで、最新の機能を備えた電子カルテへの移行は、業務の効率化に大きく貢献します。

移行作業では、先ほど解説したように新旧システムのデータ互換性の確認やデータ移行の際のセキュリティの確保が重要です。下調べと事前準備を十分に行い、既存の運用に影響を与えないよう計画的に進めましょう。

コストと効率を考慮した長期的な視点での移行戦略

電子カルテの移行は、コスト面や将来的な効率性も考慮して決定することをおすすめします。

特に開業直後の病院やクリニックでは、初期費用の回収期間を考慮した上で、乗り換えのタイミングを見極める必要があります

コスト面でのメリットや、将来的な業務効率の向上を見越した上で適切なシステムを選択し、計画的に移行を進めましょう。

 電子カルテ移行作業の注意点

電子カルテへの移行は医療現場のデジタル化を推進し、業務の効率化につながる重要なステップです。

福岡で開業を検討している方や、既存の電子カルテシステムの乗り換えを考えている医療機関の皆様にとって、移行作業は慎重に進める必要があります。

移行のタイミング、データの確実な移行、スタッフの研修など、考慮すべきポイントは多岐にわたります。

今回は、スムーズな移行のための主な注意点を解説していきます。

データ移行が可能なのか確認する

電子カルテ移行作業において最も神経を使うのが、既存データの移行です。

現状では電子カルテの企画は標準化されておらず、システムによって仕様が異なります。そのため、旧システムから新システムへのデータ移行がスムーズに行えるか確認する必要があります。

また、移行後も旧システムのデータにアクセスできる環境を保持することで、何かあった際のリスクを最小限に抑えることができます。

契約状況を確認する

現在利用中の電子カルテシステムの契約期間を確認しましょう。

契約期間中に乗り換えると違約金が発生する可能性があり、契約期間満了まで待つ、もしくは違約金を支払う必要があります。

また、新しく導入する予定のシステムの導入費用、ランニングコスト、サポート体制なども確認しておきましょう。

スタッフへの十分な研修とサポート体制の構築

新しい電子カルテシステムへの移行では、医療スタッフの理解と協力が不可欠です。

移行にあたっては、スタッフが新システムを正しく、効率的に使いこなせるよう、研修を十分に行うことが求められます。

実際の操作研修だけでなく、新システム導入のメリットや業務プロセスの改善点を共有することで、スタッフのモチベーション向上にも繋がります。

また、研修後も継続的なサポートを提供する体制を整え、スタッフが直面するかもしれない問題や疑問に迅速に対応できるようにしましょう。

 電子カルテに関するご相談はポップ・クリエイションへ!

現代の医療現場では、患者様の安全と診療の効率化のために電子カルテの活用が不可欠です。

ポップ・クリエイションは、九州一円で電子カルテの移行作業をお考えの医療機関様に最適なサポートサービスを提供しています。

専門のコンサルタントが、ご利用中のシステムの分析から新システムの選定、移行作業の実施までを一貫してサポートします。

電子カルテの乗り換えを検討中の方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

>>電子カルテに関する無料オンライン相談はこちらから

pagetop