医療機関や薬局様向けの電子カルテや医療事務(レセコン)システムのご提案 [ 株式会社ポップ・クリエイション ]

調剤薬局用システム

複雑化する請求業務や、これからの調剤薬局に求められる地域連携等、
新しい薬局としての様々なニーズに対応させていただきます。

近年増え続ける医療費抑制の為、重度なる医療改定が行われていますが、複雑化する請求業務により保険調剤薬局へのレセプトコンピュータの導入率も拡大し、また保険調剤市場への異業種の参入が相次いでいます。このような市場環境の中、レセプトコンピュータのニーズも変化し、第3次産業として位置づけられている医療が、真のサービス産業として患者さん本位の医療サービスをいかに実現できるか、更には患者さんの情報を的確に把握し、選ばれる薬局様になる事が大きなポイントとされています。

調剤システム1

株式会社 シグマソリューションズ
Elixir『エリシア』調剤システム

> Elixir『エリシア』調剤システム(メーカーH.Pへ)

【窓口業務】ひとつの画面で簡単入力

処方入力画面・請求確認画面・薬袋画面が切り替え可能。
前回処方を参照しながら、今回処方を入力したり、複数診療科、保険の異なる処方せんを
同一画面で入力することができます。薬袋の細かな設定も可能です。

【電子薬歴】すべては患者さんのために

服薬指導・服薬状況・添付文書機能
今回の処方内容と前回の処方内容の比較結果を色別に表示します。変更内容をひと目で確認
することができます。また、服薬状況や複数医療機関の受診状況もひと目で確認できます。

【経営管理】必要な情報を必要なときに

使用量予測・収支シミュレーション・後発変更シミュレーション
日別に使用する薬品を予測し、事前に使用量、在庫切れ、過剰在庫を管理できます。
管理料や技術料などの点数や算定件数などを変更・入力することによって、収入状況の
シミュレーションも可能。現実的な経営戦略を立てることができます。
また、薬品ごとに後発への変更を行い、後発調剤率の増減を確認できます。

『ELixir』の特徴及び、当社ならではのアピールポイント!

レセコン機能も併せ持つ一体型電子薬歴です。もちろん、レセコンのみの運用も可能です。
窓口業務に欠かせない機能を数多く搭載し、円滑に運用することができます。また標準で薬袋のプレビュー画面もあり、非常に便利です。
電子薬歴は服薬指導にかかわる全ての情報を1画面に集約しております。前回処方内容の比較を色別で表示し、前回との変更内容をひと目で確認できます。非常にシンプルで使いやすいです。
iPadを利用したモバイル薬歴にも対応しており在宅訪問時の薬歴指導をスムーズに運用できます。

調剤システム2

株式会社ワンズ・システム
PAWAFULⅢ(調剤システム)

> 『PAWAFULⅢ』調剤システム(メーカーH.Pへ)

【窓口業務】自動化の機能を取り入れたマルチに動く窓口環境

未登録マスターや氏名辞書の自動登録/公費優先順位の自動認識
割り込みキーで他の患者を優先入力/カレンダー画面で過去5ヶ月、未来1ヶ月の処方表示
簡単DO入力でスピーディーな入力支援/充実した印刷・出力機能登載

【監査】監査情報と併せた処方監査支援

相互作用チェック/重複投与チェック/併用薬/副作用チェック/投与量チェック…etc

【帳票】オリジナルを追求したレポートのカスタマイズ機能

項目の追加・削除をオリジナルにカスタマイズ。市販のアプリケーション上で加工し、 推移・分析表を作成。[主な帳票] 調剤点数集計表/患者別集計表/保険別集計表/医療機関別医師別集計表/薬品使用量集計表…etc

【請求】

日々の入力が請求業務を軽減、12ヶ月のレセプト印刷可能。印刷前チェック機能: 頭書き内容漏れ/指導管理料算定回数チェック。高額患者リストアップ。社保請求書/国保請求書

【調剤】

各端末の役割に絞り込んだ分散型のシステム運用。受付・調剤・監査と目的に合わせた端末設定。分包機や処方箋ファイリングシステム等他機器との連動可能

電子薬歴システム

株式会社グッドサイクルシステム
Tomorrow Pharmacy21(電子薬歴システム)

> 『Tomorrow Pharmacy21』(メーカーH.Pへ)

クライアントライセンスフリーで、
保険調剤薬局における薬歴の完全電子化を低コストで実現。

短時間での入力を可能にする「さっと入力」と「SOAP入力」を装備、マニュアル
なしで使える簡単シンプルなシステムです簡単DO入力でスピーディーな入力支援/
充実した印刷・出力機能登載

高機能なのに使いやすい

・クライアントライセンスフリーで増設できるので、最適の運用で活用できます!
・短時間での入力を支援する「各種テンプレート」「服薬指導支援DB」
 「音声入力」を搭載。 テンプレートは薬局に合わせてカスタマイズも可能です。
・完全電子化への移行期に必要な「手書き機能」「調剤支援票出力機能」を標準搭載。
 調剤支援票も薬局に合わせたカスタマイズが可能です。
・クライアントソフトは無料で増設できるので、最適の運用で活用できます。
・電子薬歴として使用しない場合は、情報参照端末としても活用可能。
・時間短縮と患者サービス向上に役立つフロントサービスツール“KY2”に発展可能。

ネットワーク薬歴

・「近隣に同一グループの薬局があり、患者がどちらの店舗に行くかわからない」
というような薬局に最適。店舗間での薬歴データ共有が可能です。

プライバシー&セキュリティー

・ 平成17年4月施行の個人情報保護法に対応した高度なセキュリティとログ管理。
・ 指紋認証を標準採用。指紋認証を利用した勤怠管理システムも簡単に構築可能です。
・ ウイルス対策パターン更新はサポートサーバ側で自動的に行います。

充実のDB。添付文書毎日更新

・自動巡回ツールにより、添付文書は毎日更新できます。テキストの他にPDFでも
 保存されていますので、紙のイメージそのままに参照できます。
・相互作用DB、副作用DBの他に「疾患別簡易ケア標準計画DB」や「ガイドライン
 外来診療」など、辞書がわりのDBを搭載。
・インターネットから製薬メーカー各社の情報を有効活用できます。


pagetop