医療機関や薬局様向けの電子カルテや医療事務(レセコン)システムのご提案 [ 株式会社ポップ・クリエイション ]

足こぎ車椅子 COGY

脳梗塞や脳卒中、小児麻痺、パーキンソン病、事故などによる脊椎損傷等、半身麻痺、筋力低下、
関節拘縮の障害があっても、わずかでも足の筋力があれば足こぎできる可能性がある車いすです。
想像以上に軽快に自由に動くことができ、移動の自由を取り戻せた方が沢山いらっしゃいます。
あきらめが希望に変わるかもしれません!

足こぎ車椅子COGY特徴

足こぎ車いすは、多様な障害・疾病をお持ちの方のお役に立っています。

足こぎ車椅子

脳性麻痺、半身麻痺、筋力低下、関節拘縮、筋萎縮、心肺機能低下等、様々な理由で身体機能が低下している方が、無理なくご自分のペースで利用でき、自由に動ける喜びとともに、運動を続けることで身体機能の向上も期待できます。

なぜ、漕げるのか?

足こぎ車椅子

足が少しでも不自由な人にとって歩くということ非常に大変なことです。足こぎ車いすはそんな方々にとって大変便利な移動手段です。それは、足こぎ車いすが弱い筋力でも漕げるほど軽いということがまず第一に挙げられます、また、例えば脳卒中のように脳からの指令が一方の足に届きにくい、全く届かない場合でも、脊髄にある「原始的歩行中枢」が働きだして、動く方の足でペダルを動かすと反射的に動きにくい足に運動指令を出し、両足で交互にペダルを踏むことができるようになります。

この足こぎ車いすは、両足が完全に麻痺した方や関節が固まって動かなくなってしまった方を除き、脳卒中のみならず脊髄損傷、脳性麻痺その他大部分の歩行困難な方々に適用可能です。足こぎ車いすは自分自身の筋肉を使って漕ぐものであるためリハビリと健康の維持増進に非常に効果的ですし、そして何よりも、買い物や散策そして旅行と人生を大いにエンジョイでき、かつ職場復帰も可能とする夢の移動機器なのです。

多くの方に可能性

足こぎ車椅子

「足こぎ運動」は、生まれたての赤ちゃんも持っている人間に本来的に備わっている脊髄反射を応用することで、脚が不自由な方でも無理なく足こぎできる可能性があります。

笑顔とともに

足こぎ車椅子

自分の意思と力で動くことは、失われた日常を取り戻し、人生は輝きを増します。“移動の自由”は理屈抜きで人を笑顔にします。

安全性

足こぎ車椅子

杖をついて立った歩行移動などと比べて、転倒の危険や恐怖感も少なく、座った状態での自立運動も期待できる福祉機器です。

実績

足こぎ車椅子

日本全国の施設・個人に対して、約6000台の販売実績(2016年6月現在)があり、多くのメディアで取り上げられています。

COGY プロモーションビデオ


pagetop